白いゴミ箱

kiruriliの吐き溜め。日常の鬱な部分を書きなぐる何か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嗚呼

何がしたいのだろう

自分が生きている価値だとか
もう何も分からないのです。

君はここに居ていいと

君はそのままでいいと

君は君でいいと

誰か言って

僕の存在を認めて

僕を人間と呼んで





どうしたらいいんだろう



もう涙も出ないのです

安らかに消えて行きたい
風になってどこかへ行きたい

無条件に愛されたい


誰か私を見て


虚無が肉体と精神を蝕んでいく感覚
自分が自分で無くなる恐怖







私は誰?






もう大丈夫だと言って


お願い







去年のように戻って






さようならなんて・・・・

身体が引きちぎれてしまいそう・・・








スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 23:40:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
| ホーム | タイトルなし>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/11/28(水) 10:05:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/01/19(土) 14:58:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirurilinohakidame.blog107.fc2.com/tb.php/14-58e2e11a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。